シャラポワが全仏OP欠場、肩の故障で 2度の大会女王

AFPBB News / 2019年5月16日 8時57分

【AFP=時事】女子テニスのマリア・シャラポワ(MariaSharapova、ロシア)が15日、肩のけがを理由に全仏オープンテニス(FrenchOpen2019)を欠場すると発表した。 全仏の2勝を含め四大大会(グランドスラム)通算5勝を誇る32歳のシャラポワは、地元ロシアで行われたサンクトペテルブルク・レディース・トロフィー(St.PetersburgLadiesTrophy2019)を棄権した1月下旬以来、試合から遠ざかっている。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング