オーストリア、極右の閣僚全員辞任 内相更迭受け 汚職疑惑の影響広がる

AFPBB News / 2019年5月21日 5時27分

【AFP=時事】汚職疑惑をめぐり副首相が辞任し連立政権が崩壊するオーストリアで20日、極右政党・自由党(FPOe)のヘルベルト・キクル(HerbertKickl)内相が更迭された。これを受け自由党報道官は同日、同党所属の他の閣僚も全員辞任する意向を明らかにした。 キクル氏に続き政権を去る閣僚は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング