ファーウェイCEO、「米は能力過小評価」 グーグルと協議の意向示す

AFPBB News / 2019年5月21日 15時17分

【AFP=時事】ドナルド・トランプ(DonaldTrump)米政権による中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ、Huawei)への禁輸措置をめぐり、同社創業者の任正非(RenZhengfei)最高経営責任者(CEO)は21日、米政府が自社の能力を「過小評価している」と述べた。また、ファーウェイとの関係縮小を発表をした米グーグル(Google)と禁輸措置への対応について協議する意向も示した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング