地球最古、10億年前の菌類発見 従来の認識塗り替えるか

AFPBB News / 2019年5月23日 16時30分

【AFP=時事】地球最古となる10億年前の菌類の化石が発掘されたとする研究論文が22日、発表された。陸上の生物の進化に対する認識を塗り替える発見となる可能性もある。 この数十年間、知られている中で最古の菌類は、約5億年前に陸上に出現したと考えられてきた。しかし最近、カナダで発掘された菌類の化石を最新の年代測定技術で分析した結果、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング