児童ポルノ生配信、支払いは仮想通貨 東南アジアに広がるサイバー小児性犯罪

AFPBB News / 2019年5月27日 15時27分

【AFP=時事】新たな手口の小児性犯罪が東南アジアで拡大している。小児性愛者らは、ライブ配信サイトやウェブカメラで提供される虐待を視聴し、支払いはほぼ追跡不可能な仮想通貨で行っていると、被害者団体や児童保護団体が警鐘を鳴らしている。 貧困のまん延や緩い規制、抜け穴だらけの法制度によって、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング