イエメン内戦、攻撃で4~14歳の7人死亡 子どもの死傷者 10日間で27人に

AFPBB News / 2019年5月27日 16時17分

【AFP=時事】国連児童基金(ユニセフ、UNICEF)は26日、内戦が続くイエメンの南部の都市タイズ(Taez)が24日に攻撃を受け、4歳から14歳の子ども7人が死亡したと明らかにした。 ユニセフによると攻撃があったのはタイズのマウイヤ(Mawiyah)地区。ユニセフは、首都サヌアやタイズ近郊で激化した戦闘により死傷した子どもはこの10日間で27人になったとして、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング