写真

中国・上海で開催中の家電見本市「CESアジア」に日本のIT企業ソリトンシステムズが出展した「ストレス解消」ブースで、ドナルド・トランプ米大統領の頭部の模型をたたく来場者(2019年6月11日撮影)。(c)HECTOR RETAMAL / AFP

【AFP=時事】中国・上海で開催中の家電見本市「CESアジア(CESASIA)」の主催者は13日、ストレス解消をうたってドナルド・トランプ(DonaldTrump)米大統領の人形の頭をハンマーでたたくアトラクションを提供していた日本企業のブースについて、公人に対する「暴力を用いた無礼」を推奨するものだとして閉鎖したことを明らかにした。 このブースは、IT企業のソリトンシステムズ(SolitonSystems)が出展。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング