ネットユーザーの86%、偽ニュースにだまされた経験あり 国際調査

AFPBB News / 2019年6月13日 17時8分

【AFP=時事】インターネット・ユーザーの86%が過去に偽ニュースにだまされた経験があると回答した世界規模の調査結果が11日に明らかになった。偽ニュースのほとんどは交流サイト(SNS)最大手フェイスブック(Facebook)を通じて拡散したものだったという。 偽ニュースはインターネットに対する不信感が増大している一因であると同時に、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング