シリア北西部、政権軍の奪還作戦で民間人含む45人死亡

AFPBB News / 2019年6月16日 12時50分

【AFP=時事】シリア北西部で15日、複数の村でバッシャール・アサド(Basharal-Assad)大統領派の軍隊と反体制派らの戦闘があり、空爆などで少なくとも民間人10人、戦闘員35人が死亡した。英国に拠点を置く非政府組織(NGO)「シリア人権監視団(SyrianObservatoryforHumanRights)」が明らかにした。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング