タンカー攻撃は「非常に軽微」 トランプ氏見解

AFPBB News / 2019年6月19日 4時32分

【AFP=時事】中東のオマーン湾(GulfofOman)で先週発生し、米国がイランの関与を主張しているタンカー攻撃について、ドナルド・トランプ(DonaldTrump)米大統領は、重大視しない姿勢を示し、中東からのエネルギー供給に対する米国の依存度は以前よりも低下していると指摘した。 トランプ氏は、米誌タイム(Time)が17日に掲載したインタビューで、ノルウェーと日本のタンカー2隻が損傷を受けた攻撃について、「これまでのところ、非常に軽微だ」と表明。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング