牛の胃に「丸窓」 保護団体が映像公開し非難 フランス

AFPBB News / 2019年6月21日 5時46分

【AFP=時事】フランスの動物保護団体「L214」は20日、脇腹にプラスチック製の「丸窓」を埋め込まれ、胃の内容物に直接手を入れられるようにされた牛の衝撃的な映像を公開した。畜産業での動物福祉をめぐる議論が再び過熱している。 この器具は「カニューレ」や「フィステル」と呼ばれ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング