救助犬フリーダが引退 メキシコ大地震などで活躍

AFPBB News / 2019年6月25日 14時6分

【AFP=時事】2017年9月19日に発生したメキシコの大地震で救助犬として活躍し、世界的にその名を知られたメスのラブラドル犬のフリーダ(Frida)が24日引退した。 メキシコ海軍所属の救助犬部隊から正式に退く日を迎えたフリーダは、引退式典に参加した。同軍によれば、フリーダは約10年間の救助犬としてのキャリアの中で12人の命を救ったという。 マグニチュード(M)7.1を観測したメキシコ大地震の発生後、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング