イラン大統領「米国との戦争望まない」、マクロン氏との会談で

AFPBB News / 2019年6月26日 15時23分

【AFP=時事】米国とイランの緊張が高まる中、イランのハッサン・ロウハニ(HassanRouhani)大統領は26日、米国との戦争は望んでいないと明言した。国営イラン通信(IRNA)が報じた。 報道によると、ロウハニ氏はフランスのエマニュエル・マクロン(EmmanuelMacron)大統領との電話会談で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング