「兵役逃れで出禁」の歌手、韓国最高裁がビザ発給拒否は違法と判断

AFPBB News / 2019年7月11日 21時6分

【AFP=時事】韓国籍を離脱して米国市民権を取得したことが兵役逃れとみなされ、韓国入国を禁じられている歌手のユ・スンジュン(YooSeung-jun、英語名:スティーヴ・ユー、SteveYoo)さん(42)をめぐる裁判で、韓国の大法院(最高裁)は11日、ビザ発給拒否は違法との判断を示し、審理をソウルの高等法院(高裁)へ差し戻すよう命じた。 韓国では18歳以上の健康な男子全員におよそ2年間の兵役義務が課せられ、兵役中は南北軍事境界線沿いの遠隔地に派遣されることも多い。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング