メルケル首相、国歌演奏で異例の着席 震えに考慮か

AFPBB News / 2019年7月12日 4時42分

【AFP=時事】アンゲラ・メルケル(AngelaMerkel)独首相は11日に行われた公式式典で、国歌演奏の際に着席する異例の措置を取った。体の震えが止まらない症状の再発を防いだものとみられるが、メルケル首相は自身の健康に気を付けていると説明している。 ここ1か月に公の場で3度にわたって体が震える症状を見せ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング