巨大マンタがダイバーに「助けて」、釣り針を抜いてもらう 豪西海岸

AFPBB News / 2019年7月16日 12時12分

【AFP=時事】オーストラリアの西海岸沖で、目の下に釣り針が刺さった巨大なマンタが、近くにいたダイバー2人に助けを求めるようなそぶりを見せ、辛抱強く待って釣り針を抜いてもらうという出来事があった。 ダイビングをしていた水中写真家のジェイク・ウィルトン(JakeWilton)さんは、幅3メートルものマンタが近付いて来る様子を映像に捉えた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング