ドーピング検査妨害疑惑の孫楊、公開審理を要望か

AFPBB News / 2019年7月21日 11時12分

【AFP=時事】ドーピング検査を妨害したと報じられ、批判を集めている中国競泳のスーパースター孫楊(YangSun、ソン・ヨウ)が、9月に予定されているスポーツ仲裁裁判所(CAS)の審理を公開で行い、多くの人の前で身の潔白を証明することを求めていると中国国営メディアが報じた。 孫楊は五輪で初めて200メートルと400メートル、1500メートル自由形の金メダルを獲得するなどした屈指の大物選手だが、一方でキャリアを通じたスキャンダルの連続で、競泳界の典型的な悪役となっている。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング