インドネシア領パプアで暴動、議会に放火も 独立派の拘束受け

AFPBB News / 2019年8月19日 19時44分

【AFP=時事】太平洋南西部にあるニューギニア(NewGuinea)島のうち、インドネシア領パプア(Papua)で19日、暴動が発生し、地元議会の庁舎が放火された。これに先立つ土日に、パプア独立派の学生の活動家らが身柄を拘束されており、これが大規模な抗議行動につながった。 西パプア(WestPapua)州の州都マノクワリ(Manokwari)の現場を取材したAFP記者によると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング