中国、在香港英総領事館職員の拘束認める 「国内問題」と主張

AFPBB News / 2019年8月21日 19時27分

【AFP=時事】(更新)中国政府は21日、今月に入り行方不明になっていた香港にある英国総領事館の職員について、中国当局が拘束していることを認めた。 中国外務省の耿爽(GengShuang)副報道局長は同日の記者会見で、同職員は深セン(Shenzhen)警察により、治安管理処罰法違反で「15日間の行政拘留」処分を受けていると説明した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング