死体は1年以上たっても動く、豪研究者が「死体農場」で撮影し証明

AFPBB News / 2019年9月14日 14時29分

【AFP=時事】人の死体は死後1年以上たっても大きく動くという研究結果を、オーストラリアの科学者がタイムラプス動画で撮影して証明した。この研究は、世界中の捜査関係者や病理学者らに影響を与えるとみられている。 科学者のアリソン・ウィルソン(AlysonWilson)氏は、毎月オーストラリア北東部ケアンズ(Cairns)から南東部シドニーに3時間かけて飛行機で通い、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング