英宮殿の「黄金の便器」盗難、「ロビン・フッド」のような動機を期待 制作者

AFPBB News / 2019年9月16日 13時52分

【AFP=時事】英イングランドにあるブレナム宮殿(BlenheimPalace)で展示されていた18金製の「黄金の便器」が14日未明に盗まれた事件で、この便器を制作したイタリア人アーティスト、マウリツィオ・カテラン(MaurizioCattelan)氏は、英国の伝説的義賊「ロビン・フッド(RobinHood)」のような発想で持ち出されたことを望んでいると語った。警察は15日も作品の行方を追っている。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング