サウジ石油施設攻撃、国家防衛の見直し迫るドローンの脅威

AFPBB News / 2019年9月17日 12時37分

【AFP=時事】14日に起きたサウジアラビアの石油施設の攻撃は、ドローン攻撃に対する同国の脆弱(ぜいじゃく)性と最新の低コスト技術で既存の防空システムを突破することが可能であることを示した。専門家らが指摘した。 ストックホルム国際平和研究所(SIPRI)によると、サウジアラビアは世界有数の武器輸入国で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング