患者データ1600万件以上、ネット上で閲覧可能状態に 世界50か国近くで被害

AFPBB News / 2019年9月18日 15時10分

【AFP=時事】ドイツ当局は17日、世界46か国・1億件以上の患者データが基本的なセキュリティー対策のないまま、インターネット上で長年にわたり閲覧可能な状態にあったと発表した。レントゲン検査やマンモグラフィ(乳房X線撮影)、MRI検査などの画像データが含まれていたという。 非営利の米調査報道機関「プロパブリカ(ProPublica)」と独バイエルン放送(BR)によると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング