新生児の腸内生態系、帝王切開で変化か 英研究

AFPBB News / 2019年9月19日 14時5分

【AFP=時事】人の健康状態に生涯にわたって影響を及ぼす複雑な腸内生態系の形成に、出産の方法が大きくかかわっている可能性があることが最新の研究で明らかになった。 19日に発表された研究によると、帝王切開で生まれる新生児は産道を通る自然分娩(ぶんべん)児に比べて、母親からもたらされる腸内細菌が少なく、病院内環境から取り込まれる細菌が多かったという。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング