学校も危険…平和を知らない子どもたちの心の傷 アフガン

AFPBB News / 2019年10月20日 12時0分

【AFP=時事】アフガニスタンの首都カブールにある学校で大きな爆発が2回起こり、窓ガラスが割れ、破片が雨のように降ってきた日のことを、マディナさん(16)は今でも夢に見る。 マディナさんは腕と足に傷を負ったが生き延びた。体の傷は徐々に癒えつつあるが、攻撃を受けたことによるトラウマに今も悩まされている。 マディナさんのようなアフガニスタンの若者の多くは、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング