ツタンカーメン王のひつぎ、修復作業進む エジプト

AFPBB News / 2019年9月22日 15時18分

【AFP=時事】エジプトの首都カイロ(Cairo)郊外に位置するギザ(Giza)では、古代エジプトの少年王(ファラオ)ツタンカーメン(Tutankhamun)が眠る金色のひつぎの修復作業が進められている。 作業はギザで新たに建設された「大エジプト博物館(GrandEgyptianMuseum)」で行われており、21日には同国のハリド・アナニ(Khaledel-Anani)考古相が作業の様子を見学した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング