トランプ氏、ウクライナに「圧力かけていない」 バイデン氏めぐる調査で

AFPBB News / 2019年9月24日 14時10分

【AFP=時事】米国のドナルド・トランプ(DonaldTrump)大統領は23日、2020年の大統領選で対立候補になる可能性がある野党・民主党のジョー・バイデン(JoeBiden)前副大統領の息子に関する調査を行うようウクライナ大統領に圧力をかけたとの疑惑を改めて否定し、一部の民主党議員らによる大統領弾劾の要求を一蹴した。 報道によるとトランプ氏は、7月にウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー(VolodymyrZelensky)大統領と電話会談した際、政敵であるバイデン氏の息子がウクライナで行った商取引に関する不利な情報を収集するよう圧力をかけ、応じた場合には支援を提供すると述べたとさ…

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング