「生理はタブー」を変える闘い、女性たちに使い捨てナプキンを

AFPBB News / 2019年10月20日 11時0分

【AFP=時事】パキスタン北西部山岳地帯の村ブーニ(Booni)に住むハジラ・ビビ(HajraBibi)さん(35)は、村の女性たちのために、手回しミシンで生理用ナプキンを縫っている。 極めて保守的なパキスタンの地方の多くでは、生理はいまだタブー視されている。パキスタンの慈善団体の推定では、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング