F1日本GPで1周早くチェッカーフラッグ振られる、FIA調査へ

AFPBB News / 2019年10月13日 18時15分

【AFP=時事】13日に行われた19F1第17戦日本GP(JapanGrandPrix2019)決勝で、1周早くチェッカーフラッグが振られたことについて、国際自動車連盟(FIA)が調査を開始することになった。 フィニッシュの順位とそのポイントが、この失態により全周回数の53周目ではなく52周目終了時点で計算されることが、F1規則によって定められている。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング