タンカー攻撃、イランが外国政府の関与主張 損傷の写真公開

AFPBB News / 2019年10月15日 6時21分

【AFP=時事】サウジアラビア沖で先週、イラン船籍の石油タンカーが攻撃を受けた問題で、イランのハッサン・ロウハニ(HassanRouhani)大統領は14日、首都テヘランで記者会見し、攻撃には外国政府が関与していたとの考えを示し、「敵対的な裏切り行為だ」と批判した。イラン当局は、損傷を受けた船体の写真を公表した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング