IS復活阻止は「必須」、仏大統領がトランプ氏に言明

AFPBB News / 2019年10月15日 13時33分

【AFP=時事】フランスのエマニュエル・マクロン(EmmanuelMacron)大統領は14日、ドナルド・トランプ(DonaldTrump)米大統領と電話会談を行った。マクロン氏は米軍のシリア北部からの撤退と同地区のクルド人勢力に対するトルコの軍事作戦について、イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」の復活の脅威を高めたと指摘し、ISの復活を防ぐことは必須だと言明した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング