IS戦闘員の家族だった仏人女性ら、収容キャンプからISの元に連行か

AFPBB News / 2019年10月15日 23時48分

【AFP=時事】シリア北東部でクルド当局が運営していた、イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」の戦闘員らの家族用のキャンプに収容されていたフランス人女性少なくとも3人が、ISの元へ連れ戻された可能性があることが分かった。この女性らが自身の担当弁護士に対して送信し、AFPが15日に入手したメッセージで明らかになった。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング