孫興民、平壌でのW杯予選は「かなり荒れた」試合

AFPBB News / 2019年10月17日 9時39分

【AFP=時事】2022年サッカーW杯カタール大会(2022WorldCup)アジア2次予選、平壌で行われた北朝鮮との歴史的な一戦に臨んだ韓国代表の孫興民(Heung-MinSon、ソン・フンミン)は17日、自身やチームメートが相手にののしられるなど、けがの不安を感じるような「かなり荒れた」試合だったと振り返った。 国際サッカー連盟(FIFA)のジャンニ・インファンティーノ(GianniInfantino)会長が駆けつけたものの、無観客の中で外界からほぼ完全に遮断された状態で行われた試合は0-0で終了した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング