「痛み信号」を脳内で増減、仕組み解明 研究

AFPBB News / 2019年10月17日 15時38分

【AFP=時事】痛みの信号の増減に関係する脳の回路に注目した最新の研究論文が15日、米科学誌セルリポーツ(CellReports)に発表された。痛みを感じる感覚(痛覚)は生存に不可欠だが、痛みは増幅されたり抑制されたりする。例えば、戦場で負傷した兵士が後で振り返ると、その時は何も感じていなかったということはよくある。研究ではこの脳のメカニズムについて、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング