ユニクロCM、韓国で取り下げ 慰安婦暗示・歴史修正と猛反発受け

AFPBB News / 2019年10月21日 18時23分

【AFP=時事】衣料品ブランドのユニクロ(Uniqlo)は21日、98歳の米ファッションアイコンが出演する新しいテレビコマーシャルについて、日本が朝鮮半島を植民地支配していた歴史を歪曲(わいきょく)するものだとの非難を受け、韓国での放映を停止したと発表した。 ユニクロのフリースを宣伝するこのコマーシャルでは、ファッション通として知られる米国人女性アイリス・アプフェル(IrisApfel)さん(98)が、85歳年下のデザイナー、ケリス・ロジャース(KherisRogers)さんと共演。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング