ボツワナ、干ばつでゾウ100頭以上死ぬ 炭疽が原因の可能性も

AFPBB News / 2019年10月23日 14時54分

【AFP=時事】アフリカ南部で続いている数十年で最悪規模の干ばつにより、ここ2か月でボツワナのチョベ国立公園(ChobeNationalPark)に生息していたゾウ100頭以上が死んでいたことが分かった。ボツワナ政府が22日、明らかにした。 干ばつは数か月続いている高温と不安定な降雨が原因で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング