側近2人がトランプ氏弱体化を画策、前国連大使が新著で明かす

AFPBB News / 2019年11月11日 18時43分

【AFP=時事】米国のニッキー・ヘイリー(NikkiHaley)前国連大使が、12日に発売される新著の中で、レックス・ティラーソン(RexTillerson)前国務長官とジョン・ケリー(JohnKelly)前大統領首席補佐官が「国を守ろうとして」、ドナルド・トランプ(DonaldTrump)米大統領を無視したり、その権限をひそかに弱めたりしていたと明かした。 新著「WithAllDueRespect(仮訳:お言葉ですが)」を発売に先駆けて入手した米紙ワシントン・ポスト(WashingtonPost)によると、ティラーソン氏とケリー氏はヘイリー氏に対し、トランプ氏の地位の弱体化に手を貸し、同…

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング