ベトナムのマメジカ希少種、約30年ぶりに森で発見 生息信じて研究

AFPBB News / 2019年11月12日 9時22分

【AFP=時事】絶滅寸前と考えられていた小型のシカに似たマメジカの希少種が、ベトナム北西部のジャングルの中で30年近くぶりに発見された。11日の英科学誌「ネイチャー・エコロジー・アンド・エボリューション(NatureEcology&Evolution)」に論文が掲載された。 背から横腹にかけての銀色の毛が特徴的なマメジカの一種(学名:TragulusVersicolor)が初めて記録に登場するのは1910年。ベトナム・ホーチミン市(HoChiMinhCity)の北東約450キロにあるニャチャン(NhaTrang)近辺で発見された数頭の個体を基に記録が取られた。1990年以降は確認された目…

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング