「これは罪だ」 カンボジアに広がる闇の犬肉産業

AFPBB News / 2019年11月12日 18時35分

【AFP=時事】カンボジアの犬肉産業では、一日に数千匹の犬が殺されている。犬を殺す方法は溺死させたり窒息死させたり、刺し殺すなどさまざまだ。一方で拡大する犬肉業界で働く人々はトラウマを負い、狂犬病など死に至る恐れのある健康リスクにもさらされている。 キュー・チェン(KhieuChan)さん(41)は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング