ボリビア前大統領、亡命先のメキシコ到着 政界にとどまる意向表明

AFPBB News / 2019年11月13日 4時32分

【AFP=時事】先月行われたボリビア大統領選で4選を果たしたものの、不正疑惑による抗議デモの広がりを受け、辞意を表明したエボ・モラレス(EvoMorales)前大統領は12日、政治亡命を認めたメキシコに到着した。モラレス氏は到着後、政界にとどまる意向を表明した。 左派の指導者であるモラレス氏を乗せたメキシコ空軍機は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング