トロツキーからモラレスまで メキシコに逃れた亡命者の系譜

AFPBB News / 2019年11月15日 1時42分

【AFP=時事】ロシアの革命家レオン・トロツキー(LeonTrotsky)や、スペイン出身の映画監督ルイス・ブニュエル(LuisBunuel)、チリのサルバドール・アジェンデ(SalvadorAllende)元大統領の夫人、オルテンシア・ブッシ(HortensiaBussi)──メキシコには何万人もの政治亡命者を受け入れてきた長い伝統がある。12日には、ボリビアのエボ・モラレス(EvoMorales)前大統領がメキシコ入りし、その系譜に加わった。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング