ロヒンギャ迫害、国際刑事裁判所が正式捜査を開始

AFPBB News / 2019年11月15日 10時9分

【AFP=時事】オランダ・ハーグ(TheHague)の国際刑事裁判所(ICC)は14日、ミャンマー国軍によるイスラム系少数民族ロヒンギャ(Rohingya)に対する虐待の疑いについて、人道に対する罪や迫害の罪などで正式に捜査を開始することを決定した。 ICCは、「(ミャンマーに関する)ICC管轄内での犯罪の疑いについて、検察官が捜査を進めることを認めた」と発表。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング