バヌアツ、著名記者を入国禁止に 中国関連報道が原因か

AFPBB News / 2019年11月19日 13時42分

【AFP=時事】太平洋地域で活動するカナダ人の著名記者、ダン・マクギャリー(DanMcGarry)氏が、出張先のオーストラリアから自宅のあるバヌアツへ戻ったところ入国を拒否されたことをめぐり18日、原因はバヌアツにおける中国の影響力に関する同氏の報道に対し、バヌアツ政府が不快感を持ったためだと主張した。 現地紙「バヌアツ・デーリー・ポスト(VanuatuDailyPost)」のメディアディレクターを務めるマクギャリー氏は17日、豪ブリスベン(Brisbane)で、バヌアツの首都ポートビラ行きの便への搭乗を拒否された。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング