頭部切断、牙奪われたスマトラゾウの死骸発見 インドネシア

AFPBB News / 2019年11月20日 21時28分

【AFP=時事】インドネシアのスマトラ(Sumatra)島で、絶滅危惧種に指定されているスマトラゾウ1頭が、頭部を切断された状態で死んでいるのが見つかった。その頭部からは牙がなくなっており、密猟とみられている。同国自然保護当局が明らかにした。 腐敗が進んだ40歳の雄のゾウの死骸は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング