「調査終了までは鳴いてよし」 アヒル・ガチョウ騒音訴訟で仏裁判所

AFPBB News / 2019年11月21日 1時30分

【AFP=時事】フランス南西部でアヒルとガチョウの鳴き声をめぐる訴訟があり、裁判所は19日夕、少なくとも騒音調査の結果が出るまでの間、鳥たちが鳴き声を上げ続けることを認めた。来年1〜3月に詳しい調査が実施される。被告の女性がAFPに明らかにした。 原告のカップルは昨年、仏南西部ランド(Landes)県スーストン(Soustons)に住宅を購入。近隣住民のドミニク・ドゥット(DominiqueDouthe)さん(67)が裏庭で飼っているアヒルとガチョウ約50羽について、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング