ヘルメット殴打選手の上訴を棄却、被害選手の人種差別発言は証拠なし

AFPBB News / 2019年11月22日 12時51分

【AFP=時事】米ナショナル・フットボール・リーグ(NFL)は21日、試合中の暴力行為で無期限の出場停止処分を受けたクリーブランド・ブラウンズ(ClevelandBrowns)のDEマイルズ・ギャレット(MylesGarrett)の上訴を退けた。調査では、暴行を受けたピッツバーグ・スティーラーズ(PittsburghSteelers)のQBメイソン・ルドルフ(MasonRudolph)が、ギャレットに対し人種差別発言を行なった証拠は見つからなかったという。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング