トランプ大統領は「ロシアの作り話を信じ込んだ」 米NSC元高官が証言

AFPBB News / 2019年11月22日 13時46分

【AFP=時事】ドナルド・トランプ(DonaldTrump)米大統領はウクライナが2016年米大統領選に干渉したとの説を信じていたが、これはロシアが米政治を混乱させるためにでっち上げた「作り話」だった──トランプ氏の弾劾の是非をめぐる米下院情報特別委員会の公聴会で21日、米国家安全保障会議(NSC)のフィオナ・ヒル(FionaHill)元ロシア担当首席顧問がこう証言した。 ヒル氏は5日目を迎えた公聴会の席上、「ロシアの国益を促進することがこれほど明らかな政治的動機に基づいた虚偽を広めない」よう共和党議員らに求めた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング