心拍停止6時間後に蘇生、低体温症の女性 スペイン

AFPBB News / 2019年12月6日 13時14分

【AFP=時事】スペインでこのほど、重度の低体温症に陥った女性が、6時間以上に及ぶ心拍停止後に蘇生した。女性が5日、自身の生還を「奇跡だ」と称賛した。 生死の境をさまよったのは英国人女性のオードリー・マーシュ(AudreyMarsh)さん(34)。11月3日、夫と一緒にピレネー山脈(Pyrenees)を散策中に吹雪に遭い、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング