「米国は悪の国家」米海軍基地銃撃の容疑者が犯行声明か

AFPBB News / 2019年12月7日 17時7分

【AFP=時事】米フロリダ州ペンサコラ(Pensacola)の海軍航空基地で6日に発生し3人が死亡した銃撃事件で、容疑者であるサウジアラビア軍訓練生が事前に犯行声明をツイッター(Twitter)に投稿し、米国を「悪の国家」と非難していた可能性が浮上した。 事件は同基地の教育棟で発生し、3人が死亡、8人が負傷。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング