聖水と間違えガソリン注がれた男性焼死、パイプラインに引火も ナイジェリア

AFPBB News / 2019年12月8日 1時46分

【AFP=時事】ナイジェリア・ラゴス北部の教会で5日、癒しの儀式を執り行っていた牧師がガソリンを水と取り違え、男性に注いだところ、ろうそくの火が燃え移り、男性が焼死する事故があった。救急当局が明らかにした。 国家危機管理庁(NEMA)のイブラヒム・ファリンロイ(IbrahimFarinloye)氏はAFPに対し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング